BLOG

Blog

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 大人の学校について
  4. 僕が大人の学校をやっている理由(わけ)

僕が大人の学校をやっている理由(わけ)

大人の学校「ピュア」という処は、人が生きていく上で役立つ知恵を教えたり、物事を上手くする為の潜在能力を高めるトレーニングなどを毎回しています。

人の為に。

という目的テーマなんですが、こういう事を目的に僕はいくつかの活動をしています。

前述しましたように一見人の為のように見えますが、それは目的ではなく自分のためにやっているのです。正確にはやっているというよりは、やらされているという方が正しいでしょう。

僕は元来こういう人を集めて、人前で喋るということなんかには興味がなく、むしろどちらかと言えば嫌いな方です。

きっと今でも、そう思いながらしています。

僕の本来の資質は「一人で行動する」というのが本質です。

一人で考えて、一人で行動し、一人で仕事する。その方が協調力は必要ないし、仕事の結果は自分一人のものなのでわかり易い。

という考えが若い頃からあったので、物書きになりたくて一時実際物書き(シナリオライター)をしていました。

しかし、毎回気が付けばそういう状態はいつか閉ざれて、気が付けば何かの組織の責任者や指導するということをやらされている。

僕は元来何かの組織に所属する事が出来ない性格だった。

学生の頃は浮いた学生でクラブからも疎んじられて、結局退部した。(禁じられている博打を構内でしたことで、大概試合、練習などを禁じられると罰則をクラブ全体が受けたことで自主退部した)

自分で作った会社の役員達から、役員会議で解任された。もちろん代表(社長)をしていたが、クビになった。

理由はあまりにも僕が好き勝手に、見ようによっては遊んでいるように見たのだろう。

そういう事が多々あり、自分は多くの人とは協調性を持って上手く生きていけない性質だと思っている。

なぜそうなのかという事が気になり、自分で創り出した「ライフコード」というメソッドで自分を解析してみた。

ライフコードというものは、自分の過去世から今に至るまでのデータを集めて自分を解析する。

僕は過去世では、武将などをしていた経験が多い。

それは独断と偏見を持って敵を倒し、色々な地方を制圧していくことだった。

おそらく中国や日本の戦国時代などであろう。

戦いなのだから、逆らうヤツは叩き切る。

それは敵であろうが、味方であろうが。

それは紛れもなく「男性性」だ。

僕はすでに男性性は何度も何度も経験していて、それはもういいのだ。そして今世での修行目的は「女性性」を育むことだと理解した。

女性性というエネルギーは、物事を共有し、育み、人に対して優しく接する。

そういうものを僕の魂は求めており、僕の中にある男性性と女性性のバランスを上手く取りたがっているのだ。

だから僕の今世のテーマは「女性性」を育てて、人に優しくするというのがテーマ。

人間波動を高めていくと、魂が持っている今世のテーマが浮上してくる。

そして最も自分の苦手としたり、嫌だと思うことを突き付けられる。

それを克服することで魂が求めている今世の「使命」に挑戦するということなのだ。

そういう理由から、僕は今自分が最も苦手とする「教える」とか「育てる」とか「伝える」という女性性のエネルギーを学んでいるということ。

その修行の場がこの「大人の学校」という道場でもあるんだよ。

意識的には出来るだけ人に優しく接しようと思っている。

でも、時に昔の資質が現れて「お前、なんでこんな事がわからんねん!」みたいなオーラを発してします。

いやいや、それではダメだ。

まだまだ修行が足りないなぁ、とか思いながらあくせく日々挑戦しています。

ということです。

関連記事

月を選択